プレシーズンも佳境

いつもご利用ありがとうございます。

現在、Jリーグのキックオフカンファレンスが行われており、いよいよプレシーズンも佳境といったところでしょうか。


僕自身もここ1ヶ月程、主にサッカーのスプリングキャンプに足を運び、選手のトレーニングやコンディションのチェックを行ってきました。


メインはやはり、弊社でトレーニングを担当している選手たち。


新加入選手や大幅な戦術変更により、この時期はどこのチームも横一線。


その中で監督の信頼を勝ちえないといけないので、まさに勝負の期間です。


例年、キャンプ巡りは仕事の重要なファクターなので、1月末から2月のこの時期は、スケジュールを調整しては県内外のキャンプ地へ出向いてはメモを取ります。


今シーズンからはJクラブの多くは、選手の肖像権やSNS対策として、練習中の動画撮影が禁止されている会場も多く、静止画や実際に見た視点から様々な情報を得ないといけなくなり、結構大変だったというのが率直な意見です。


それでも、足を運ぶたびに大まかな情報が掴めてきました。


ここでは細かいことは書きませんが、全体的な印象として、腹部のトレーニングがまだ足りないということ。


固めるのか緩めるのか…


そのタイミングがつかめればもっと伸びる、そういったことです。


ここ数年でブームとなっている体幹トレーニング。


ピークは過ぎその賛否はあります(僕自身もその信憑性には疑問を持っています)が、トレーニングが実用的なものではなく形だけになっているという印象がまだまだ見受けられます。


トレーニングとして導入する目的(ゴール)はどこなのかをもう一度確認・設定し、一歩ずつ身体で覚えていかないと結果が伴わないだけでなく、悪い癖や故障にも繋がってしまいかねません。


中でも、トリックモーションが見られる選手が意外と多く、主動筋の追求がここから開幕まで1ヵ月弱のしばらくのテーマとなりそうです。


癖の改善には長い時間が伴いますが、そこは意識を高めてじっくりと向き合っていくとします。


今シーズンのJリーグはDAZNの参入により、見たいときに何度も見直す事ができるのも大きなメリットです。


僕らの仕事にもとても大きな武器となりそう。(スカパーでもオンデマンドで見てましたが。)


スタジアムでは純粋に試合を楽しみ、帰って分析にはDAZN。


そんな楽しみ方ができそうです。


Ryo@Sulista

パーソナルトレーニングフィールド スリスタ|鹿児島市で本格的なパーソナルトレーニング

パーソナルトレーニングフィールド スリスタ 鹿児島市の本格的なパーソナルトレーニングジム 完全予約制であなたの理想を徹底サポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000