「絶対的存在」というプレッシャー

今日はなんといっても大相撲春場所千秋楽を。

ケガを言い訳にせず、逆境をも跳ね返す、本人にしか分からない程の凄まじいプレッシャーを抱えながらも表情ひとつ崩さない、久々の日本人新横綱・稀勢の里関の「闘う姿」に痺れました。


不利と言われながらも掴んだ二度目の栄冠、表彰式前の「君が代」斉唱の際の涙が、横綱が抱えていた「横綱という絶対的存在」というプレッシャーを物語っていました。


周りが何を言おうとも、決して屈しない「精神力」は、本当の横綱であることを証明してくれましたね。


それ以上に、優勝決定戦で最後まで稀勢の里関と優勝を争った、大関・照ノ富士関も横綱以上に満身創痍という状況。

左膝の状態が本当に悪そうで歩くのもやっとだったんじゃないかと思います。


いずれにしろ、後々語り継がれる今場所は新横綱の幕開け。

白鳳関の復活も期待し、四横綱時代でもっと多くのファンを魅了してほしいものです。

パーソナルトレーニングフィールド スリスタ|鹿児島市で本格的なパーソナルトレーニング

パーソナルトレーニングフィールド スリスタ 鹿児島市の本格的なパーソナルトレーニングジム 完全予約制であなたの理想を徹底サポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000