主観的?

ここ最近のこと。


新規のお客様がカウンセリング、体験を経て入会されることが多くあります。


しかも、その殆どが、フィットネス未経験者ではなく、しっかりと食事も管理し、減量やボディメイクに成功した経験をお持ちの経験者ということ。


例年フィットネス業界では、入会が多くなる時期、利用が減少する時期と波があります。


年が明けると、春になると、秋になると…という風に、何かの節目でフィットネスを始める方が多く、それに合わせて大手フィットネスクラブさんを中心に大々的にキャンペーンを打つ「キャンペーン月」というものがあります。


弊社ももちろんその流れを汲んでいますが、「キャンペーン月」かどうかに関わらず、良いものを得ようという意識の高い方が年々増えてきているということを実感します。


つまり、値段じゃない。本当に良いものを極めたい。といった表れなのでしょう。


これは私たちフィットネス従事者にとって大変ありがたいことです。


消費者が、「質の高いものを得よう」というニーズを持っていると、少なからず私たちは「更に質の高い商品」を揃えておかなければなりません。


お客様を満足させるためには、ある程度の商品のバリエーションや技術はもちろん、コミュニケーションスキルや雰囲気、どれだけお客様目線で物事を捉えられるか?といった要素も重要になってきます。


カウンセリングや体験をしていると、よく耳にすることが「今まで何をやってたんだろう?」「今まで間違ってた」というお声。


決してそういうことはないのですが、これまでの指導が主観的なものばかりだったということが伺えます。


何にしても指導者の主観や経験一本で上手くいくはずがありません。


エビデンスなどの客観的な要素を踏まえ、それに味付けをする主観的な要素という程度(という捉え方)でも十分身体は変えられますし、満足もしていただけると思います。


これから国民の平均体重が増える傾向にある季節に突入します。


年明けから来春に向け、今のうちから始めておいたほうが良いかも。


一度お話だけでもお聞かせくださいね。


パーソナルトレーニングフィールド スリスタ|鹿児島市で本格的なパーソナルトレーニング

パーソナルトレーニングフィールド スリスタ 鹿児島市の本格的なパーソナルトレーニングジム 完全予約制であなたの理想を徹底サポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000