2018年のその先に

昨日を持ちまして、2018年の全営業を終了しました。


今年も数多くの出会いがあり、例年以上に沢山の方にご利用いただき、感謝の気持ちでいっぱいです。


本当に1年間ありがとうございました。


1年前に「Move on!」というテーマを掲げスタートした2018年、実にいろんな経験をすることができました。


とにかく進む!どんどん進む!と意気込んだ矢先の2月…自分自身のカラダから自由が奪われた大ケガ。


日頃から動けることの自由さ、ありがたさを改めて痛感しました。


直後に控えていたフルマラソンも、人生初のキャンセル。


晴天の中、眼の前を走るランナーたちの笑顔には、一時的ですが、正直羨ましさ以上に悔しさを覚えたのも事実です。


しかし、ここ数年で力を入れて勉強している「メンタルトレーニング」の効果もあり、全くネガティブな感情に陥ることもなく、物事の成功や失敗、プラスやマイナス、良し悪し…といった評価主義の考え方はどこかに忘れてきたようで、全ては「経験」という大きな財産と捉えるようになりました。


プライベートでは、長男の成長と次男の誕生が自分を大きく変えてくれ、仕事と家庭のバランスや責任感もより重要な1年となりました。


そして、モットーでもある、


Challenge & Development !!


この言葉の通り、弊社でトレーニングをお客様、サポートしている選手・チームも、今年は大きな挑戦をし、結果に繋げてきた1年でもありました。


皆さん、少し高めの目標設定ではありましたが、日々のトレーニングや自己管理でしっかりと結果に繋げてくださり、素敵な笑顔に沢山お会いすることができました。


アスリートに関しても、今までと異なった切り口でトレーニングをしていき、更には「メンタル」という永遠の課題ともいうべく要素に着手したこともあり、ほぼ全サポート選手、全サポートチームが過去最高成績を収めてくれました。


弊社でサポートしてるJリーガーたちは所属クラブではJ2リーグ昇格を、高校生チームは今まで突破したことのなかった壁を破り過去最高成績を収め、個人単位でサポートしている女子選手は全国制覇、来年は世界選手権にも挑戦します。


しかしまだまだ道半ば。


キャリア・ハイは2019年以降に更新できるよう、来年以降も全力でサポートしてまいりたいと思います。


今秋には、メンタルトレーニングの世界で活躍する仲間たちと、日本のスポーツ界をより良いものにするよう、本格的に動き始め、来年以降も様々なアクションを起こしていこうと企んでいるので、今から楽しみでしかありません。


そんな2019年は、東京オリンピックと鹿児島国体を翌年に控えたとても重要な1年になります。


まずはしっかりと積み重ねてきた今年1年の経験を踏み台に、しっかりカラダとココロを鍛え、皆さんが今年以上に充実した年になるよう、私も鍛え直して行きたいと思います。


年末寒波到来!といわれている今年の年の瀬。


スポーツ三昧な1年を締めくくるべく、また、スポーツ三昧な1年のスタートに、充実した年末年始をお過ごしください。


今年も1年ご愛顧いただき、心より感謝申し上げます。


パーソナルトレーニングフィールド スリスタ

鵜木 亮輔

パーソナルトレーニングフィールド スリスタ|鹿児島市で本格的なパーソナルトレーニング

鹿児島市の本格的なパーソナルトレーニングジム|Sulista